バックカントリーギアーのニューモデル情報です。
*ウェアー・グローブの体感などは→こちら
*バックカントリーの道具的アドヴァイスは→こちら

2018年11月5日(月)
モーメント社
COMMANDER98入荷のご案内

モーメント社のアイテムの中で僕が最も使いやすかったタホの新しいコンセプトモデルです。基本スペックは、トップ/128センター/98テール/114と変わりありませんが、心材にメタルをラミネートされたことで、操作性は維持されながら、安定感が増しました。ゲレンデスキー中心で時々バックカントリー嗜好のみなさんが1台でこなすにはもってこいのモデルです。
¥105,840(税込)➡¥89,960(税込)
モーメント社
PB&JIB入荷のご案内

モーメント社のアイテムの中でフィールドオールラウンドに使いやすい、PB&Jのバンブーコアを使った限定アイテムの登場です。通常モデルはウッドコアーを使っていますが、バンブーにすることによって柔らかくしなやかになり、扱いやすくなりました。
トップ/129 センター/101テール/121のスペックです。
¥105,840(税込)➡¥89,960(税込)
モーメント社
ストレーガのご案内です。


モーメント社のオールマウンテンモデルのご紹介です。まずスペックですが162cmがトップ112mm/センター82mm/テール104mmでラディウス16.5m、172cmが、トップ116mm/センター84mm/テール106mmでラディウス17.5mと2サイズ展開です。軽量コンパクトな山岳スキーとしてとても機動力のあるアイテムだと思います。そうそう、今季モデルは、トップロッカー部分がちょっとしなやかになったこともあって、パウダー環境でのトップの抜もとっても楽しく滑れました。日本限定50台です。使ってみたいみなさんは、僕のテストスキーを貸し出しさせていただきます。
¥105,840(税込)➡¥89,960(税込)
モーメント社
モーメント社の女性用バックカントリーモデルのご紹介です。
シエラ


センター幅が94mm、ゲレンデライフがメインで、時々バックカントリー、サイドカントリーを楽しみたい女性のみなさんにとっても使いやすく、楽しいスキーです。ゲレンデ用のスキーと使い分けのみなさんにも、これ1台で、ゲレンデからバックカントリーまでこなしたいみなさんにも、いいですねえ!しかし・・、デザイン、シンプルにならないのかねえ?
¥105,840(税込)50%OFF¥52,920(税込)162cm

2018年10月13日(土)
ストックリー社
ストームライダー88
 

ストームライダーがデザイン一新です。ストームライダーの中で、ゲレンデでもオフピステでも、バックカントリーでも1台で平均的に快適に使いこなせるスペックです。僕も愛用している逸品です。こちらのスキーのビンディングはツアー用でもトウピースがピンではないステップ型をお勧めしたいですね。
¥151,200(税込)➡¥128,520(税込)
ストックリー社
ストームライダー107

トップ部分とテール部分に採用されたTIRテクノロジーというシステムにより捻じれとフレックスをしなやかに保ちながら、しっかりとした支持力と安定感を出しています。ほんとに粘っこい味わい深い1台です。
¥159,840(税込)40%OFF➡¥95,900(税込)174cm
ストックリー社
ストームライダー95

トップ部分とテール部分に採用されたTIRテクノロジーというシステムにより、捻じれとフレックスをしなやかに保ちながら、しっかりとした支持力と安定感を出しています。ほんとに粘っこい味わい深い1台です。このスペックならゲレンデでも楽しめますね。
¥159,840(税込)40%OFF➡¥95,900(税込)174cm

バックカントリー向きパック
エヴォック社
パトロール40

          
フィッティングもよく、ポケットも使いやすい設計になっています。僕も愛用のパックです。
今季デザインだけ変更になったのでちょっとセールです。
¥28,620(税込)30%OFF➡¥20,030(税込)
エヴォック社
パトロール32

           
フィッティングもよく、ポケットも使いやすい設計になっています。
今季デザインだけ変更になったのでちょっとセールです。
¥25,380(税込)30%OFF➡¥17,760(税込)

2018年9月28日(金)
ゴールドウィン社
Arris Pull Jacket
         
通常のArris Jacketは下の写真の如くフルジッパーのジャケットですが、Arris Pull Jacketはジップアップのプルオーバーです。脱着はしにくいといえばその通りですが、頻繁にそれを繰り返すならですが・・・。メリットは、お腹の屈曲するところがファスナーの干渉がなく、とてもしなやかで動きやすことですね。ジャケットの素材は70デニールの厚手のナイロンベースにゴアテックスバリアーを裏地はトリコットをラミネートした3層構造で、とても耐久性が高いのがいいですね。超限定のジャケットです。バックカントリーから山岳スキー、雪山登山にバッチリ使えるハードシェルです。
         
¥68,040(税込)¥61,230(税込)

パンツのコーディネイトは、ビブにしてみました。ジャケットは登山でハーネスが干渉しないことも考慮して、パウダースカートを付けていないので、深い雪の中に入った時、身体に雪が入り込まないように、とともに冷たい空気の対流を防げることもですね。とっても機能的な日本製です。
                  
¥49,680(税込)¥44,710(税込)

2018年9月21日(金)
テクニカ社
ゼロ・G・ツアー
           
アルペンブーツメーカーのツアーブーツの中で、もっとも履きやすいと好評のテクニカ社の山岳スキー専用ブーツです。今シーズンはバックルがワイヤーになり軽量化を図りました。
¥88,560(税込)早期予約価格(10月まで)➡¥75,270(税込)

テクニカ社
ZERO G GUIDE W.
           

雪山をスキーを使って登りたい、そして、未踏の雪面にターンを刻みたい、そんなバックカントリー、山岳スキーを目指す女性のみなさんへのブーツです。アッパーに使用しているTRIAX3.0は軽量かつ強度に優れた素材で、最高のパフォーマンスを提供します。超軽量アルミバックル。4バックルがスキー滑走時に抜群の安定感を与え、かつ44度の可動域を持つ、今までにないバックカントリーブーツが完成しました。女性専用インナーブーツに保温性に優れ蒸れにくいメリノウールも採用しています。
¥85,320(税込)30%OFF➡¥59,720(税込)23/23.5サイズ


2018年9月14日(金)
ノルディカ社
ストライダー・プロ130
          
昨シーズン発売になったノルディカ社の山岳ツアーブーツです。歩行モード可動域も広くとれているばかりではなく、滑走機能もスキーブーツメーカー(基は登山靴から始まったメーカーですが)だけあってとってもしっかりホールドします。インナーも保温性の高いプリマロフトを使い、足のフィッテイングのカスタマイズとフィット感、ホールド感を高めるコルクインナーを採用しています。とっても完成度の高いツアーブーツに仕上がっています。
¥96,120(税込)早期予約価格(10月まで)➡¥81,700(税込)

ラング社
XT110フリーツアー
          
ラング社の山岳ツアーブーツです。滑走を意図としたスキーブーツメーカーの造りだけあって、足入れ感は真っすぐに立てて、とってもバランスのいいブーツです。ゲレンデの滑走も十分な手ごたえでした。僕の愛用?ブーツです。今季はレディースも採用してみました。
            
¥92,880(税込)早期予約価格(10月まで)➡¥78,940(税込)

2018年9月13日(木)
K2社
ピナクル95Ti

バックカントリーから天気の悪い時はゲレンデで楽しむのを1台でこなすには、このセンター幅95mmくらいがいいですね。しっかりしていてとても頼りがいのあるスキーです。
¥86,400(税込)➡¥73,440(税込)
K2社
ピナクル88Ti

ゲレンデスキーからちょっとサイドカントリーを1台でこなすのに、とっても使いやすいセンター幅88mmです。しっかりしているので、1日中ゲレンデでも楽しめる1台です。
¥75,600(税込)➡¥64,260(税込)
K2社
ウェイバック88

こちらはピナクルより軽量化した山岳スキーツアースキーです。日本の残雪期までの山岳スキーを楽しむのに、センター幅88ミリは使いやすく快適な1台です。
¥85,320(税込)➡¥72,520(税込)

2018年6月29日(金)
ヘッド社
Kore 93

昨シーズン発売になったKoreシリーズの中で、最も人気だったスペックがこの93。ゲレンデスキーも楽しみながら、時々バックカントリーという皆さんが使い分けをせずに1台でこなしていくのに使いやすいサイズです。だから継続モデルなんでしょうね。
¥91,800(税込)早期予約価格➡¥78,030(税込)

2017年12月16日(土)
ライダー向きヘルメット
ポック社
Receptor Backcountry MIPSのご案内
        
転倒時にアウターシェルとインナーシェルがスライドし、衝撃を吸収するMIPSシステムを採用した最先端のバックカントリーモデルです。さらにアラミドバリアをラミネートする事により、侵入物の貫通を防ぎ優れた保護性能を実現しました。特許を取得したダブルオーバーラップシェル構造を採用。重ね合わせた2枚のポリカーボネートシェルのベンチレーションホールの位置をずらす事により、雪や侵入物の直接の侵入を防ぎながら効率的な換気を可能にしました。内側のシェルはIN-MOLD構造を採用し、転倒時の衝撃を確実に吸収します。寒い日には付属のパッドを使用する事で、ベンチレーションホールを閉じることが可能です。ヘルメット内部にはRECCOを装備しています。
¥34,560(税込)30%OFF➡¥24,190(税込)

女性用のバックカントリースキーのご案内です
サロモン社
QST LUMEN99

K2社と同様、サロモン社も女性用のアイテムが充実しています。こちらはセンター幅99mmと太めでパウダーにも楽しくコントロールできる1台です。
¥82,080(税込)50%OFF➡¥41,040(税込)159cm
QST LUX92

こちらはセンター幅92mmで、ゲレンデでもスキースキルをしつつ、バックカントリーへも出て行きたいみなさんが1台のスキーでこなしたい派におすすめです。
¥76,680(税込)50%OFF➡¥38,340(税込)161cm
K2社
レメディ102


こちらは女性用モデルです。センター幅102mmと太めで、オールテレインロッカーの組み合わせ に今年はパウダーテーパーティップ形状が追加されました。とってもコントロールしやすいモデルです。
¥81,00(税込)50%OFF➡¥40,500(税込)156cm
K2社
レメディ92


こちらはセンター幅92mmの女性モデルです。ソフトな雪でも浮力もあり、ハー ドパックな雪でもグリップします。テーパーが加えら れたオールテレインロッカーのティップ&テールがス イングウェイトを軽減し操作性を向上させます。バックカントリー入門の女性におすすめのアイテムです。
¥70,200(税込)50%OFF➡¥35,100(税込)156cm
K2社
フルラヴィット98

こちらはセンター幅98mmの女性モデルです。ピナクルの女性バージョンで、バックカントリーはもちろんのこと、ゲレンデライフも快適です。1台のスキーで両刀使いのみなさんには特におすすめです!
¥88,560(税込)50%OFF¥44,280(税込)163cm
アルマダ社
ARV W


ARVのレディースモデルです。
¥93,960(税込)50%OFF¥46,980(税込)158cm

dps社
ウェィラー105・ハイブリッド

デザインがとってもシンプルなガレージブランドのdpsスキー。静かな人気です。ややパウダー系のセンター幅105mmのスキーです。トップとテールのロッカーは短めに設計、テールはフラットテールを採用し、有効エッジが長くなることでエッジグリップが良くなりました。
¥145,800(税込)50%OFF¥72,900(税込)178cm

K2社
ピナクル・105

このスキーが最後の入荷です。センター幅105mmと太めのスペックの中で、一番回転性能の高いスキーでした。パウダーの中でもしっかりターンを刻む派のみなさんにはとってもいいスキーです。
¥102,600(税込)50%OFF➡¥51,300(税込)177cm

アルマダ社
KUFO・103

ウエスト101~103mmとシェイプは太すぎず、新たに開発された軽量コアが長時間のツアーにも威力を発揮。ハイクアップをメインに設計されたスキーは、これまでは主に登山メーカーが多く販売していましたが、山での使い勝手の良さに、アルマダの滑走性能の良さをプラスさせ、パウダーから残雪まで使いやすい山岳スキー向きのアイテムです。
¥97,200(税込)50%OFF¥48,600(税込)168cm

アトミック
ヴァンテージ95


アルペンスキーメーカーのバックカントリーモデルの中で、とっても軽いタイプの入門モデルです。操作性のとってもマイルドなモデルです。山岳スキーの実践にもいいアイテムだと思います。
¥71,280(税込)50%OFF¥35,640(税込)170cm

サロモン社
ロッカー2 108

こちらはセンター108mmのツインロッカー、パウダー実践向きアイテムです。この太さでもラディウスが20mを超えていないのが、整地に戻ってからでも、それなりに楽しんで滑れる要素でしょうか・・。
¥89,640(税込)50%OFF¥44,820(税込)174cm

センター幅が85mm~95mmのフリーライド?バックカントリー?スキー
    
バックカントリーに入山予定で行ったものの、天気が時間積雪10cmクラスになると断念せざるをえません。そんな時ゲレンデでお稽古です。スノーナビのカメラマンさんにキャッチされました。ゲレンデでもこのクラスのセンター幅で、それなりにしっかりしたスキーなら快適に滑れます。といいますか、リゾートスキーライフのみなさんには、日本スキー文化独特のデモ(基礎)モデルより楽しく快適に滑れると思います。必要以上に角を立てなくても雪面コンタクトが得られるのが、ニュートラルポジションを作りやすい要素にもなっていると思います。
こちらはモーメント社の「タホ」センター幅97mmのトップロッカータイプのフリーライドモデルです。

フリッチ社
テクトン12
    
ヴァイペックEVO 12のトウピースに、アルパインバインディングと同様のバイスタイプのヒールピースを組み合わせたモデル。パワーレールがテックバインディング対応ブーツのヒールと勘合し、ソリッドなホールド感と優れたスキーへのパワー伝達性能を発揮。テュフ認証取得の解放機構、スムーズなステップイン、滑走性能を重視するフリーツーリングスキーヤーの要求に応えてくれます。スキーの幅に合わせて90~120mmのブレーキサイズを選べます。マーカー社のキングピン同様、スキーのテールに向かってのたわみ、捻じれ時の支持力がいい感じです。ターン後半の深回りの時に味が分かります。
・90mm = ¥75,600
・100mm = ¥75,600
・110mm = ¥76,680
・120mm = ¥76,680それぞれ税込

マーカー社
F12ツアーEPF
       
センター幅が広いスキー向けに幅広のEPFフレームによって、捩れやすい幅広のスキーをパワフルにコントロールが可能です。今季はカラー変更で1カラーになりました。
軽量のテック式ばかりがアピールされていますが、それはそれとして、スキーの滑走機能を十分に引き出せるビンディングのクラシックです!
¥56,160(税込)➡¥47,730(税込)
マーカー社
F10ツアー
       
センター幅が90mmまでスキーに対応」です。スキーの滑走機能を十分に引き出せるビンディングのクラシックです!
¥49,680(税込)➡¥42,220(税込)
マーカー社
バロン EPF 13
 
       
センター幅が90mmまでスキーに対応」です。スキーの滑走機能を十分に引き出せるビンディングのクラシックです!
¥49,680(税込)➡¥42,220(税込)

マーカー社
キングピン10
    
昨シーズンから噂のキングピンが商品化されました。スキービンディングの世界をリードしてきたマーカーはKINGPIN(キングピン)でピンテックビンディング技術のスタンダードを大きく変えました。KINGPINの持つ数々の独創的なテクノロジーは、伝統と革新のマーカーに寄せられる期待にこたえるべく誕生しました。
¥81,000(税込)➡¥68,850(税込)
マーカー社
アルピニスト 12
        
今さら、ピンテックの新製品というのも・・・。
カーボン素材、高品質アルミをつかっていることと、何といっても、ドイツでビンディングメーカーの老舗ということで、採用してみました。
¥59,400(税込)➡¥50,490(税込)

スカルパ社
フリーダムSL
        
                                       24.5~25.0サイズ 
スカルパATブーツのフラッグシップモデル。オーバーラップタイプのロアシェルを新設計し2ピース構造とすることで高いフィット感と支持力を達成しています。ラストを2度外傾させることでノーマル状態でもフラットに踏めるアライメントを採用。ブーツ底部にカーボンを一体成形したカーボンコアテクノロジーにより、ダイレクトなパワー伝達感を感じ取れます。標準ソールはATとテックに対応です。今季からサーモインナーのタング部分の可動域、全体的な剛性が強化され、とってもいい感じです。今期は、基本設計に変更はありませんが、アッパーの剛性がよりアルペンブーツに近くなり、バックルがワイヤーに変更になり、デザインも変更されたので、セールです。
¥91,800(税込)50%OFF¥45,900(税込)

ダイナフィット
ウィンター・ガイドGTX
         
長時間のツアーでも、暖かく快適なブーツが出来上がりました。インナーにゴアテックス・パフォーマンスを採用した山岳スキーブーツです。スカルパ社のフリーダムや、テクニカ社のコーチスはロアーシェルが、巻きシェルになっているため、滑走性としての剛性がしっかりしているの対して、こちらはマイルドに仕立てられています。そこが良さ!です

¥86,400(税込)50%OFF➡¥43,200(税込)24.5~25cm 25.5~26.0cm

サロモン社
MTN LAB
    
     
昨シーズン展示会で、僕の個人的ライフ感で、とってもいい感じの山岳ツアーブーツが出来上がったので、ご案内です。スキーブーツメーカーも多様化を目指してどんどん進化させています。26.0/26.5共通シェル型で795gと、とっても軽量なウエイトです。フィット感も可動域も支持力も、総合点ではこのブーツが1歩上回ってると思います。ラストは平均的だと思いますが、ご自身が幅広と思われてるみなさんには合わないかもしれません。数量限定モデルですので、関心を持たれたみなさんは早期予約をおすすめします。
¥108,000(税込)\50%OFF➡¥54,000(税込)25/25.5サイズ

2016年12月2日(金)
パタゴニア社
パウダーボウル・パンツ/メンズ&レディース
               
150デニールのナイロンをベースに使った頑丈なハードシェルパンツです。主はゲレンデスキー、時々バックカントリーのみなさんにおすすめです。バックカントリー専用のハードシェルパンツは、リフトの乗り降りの回数はほとんど無い系で作りますから、ベースのナイロンは、70デニールクラスで薄手です。リフトの乗り降りを頻繁に繰り返すと、お尻が擦れますね。このパンツは強いですねえ。構造的にも丈夫な2層構造のポリエステル製ゴアテックスRファブリクスで、DWR(耐久性撥水)加工により水を弾き、飽和状態になるのを防ぎます。各サイズにショート丈が用意されてるのもいいですね。
¥39,960(税込)30%OFF➡¥27,970(税込)

2016年11月25日(金)
テートンブロス社
TBジャケット
        
定番で人気のTBジャケットの入荷のご案内です。あらゆる動きにしなやかに追随する着用感はそのままに、フード、ショルダー、ウェスト部分にミリタリージャケット等で頻繁に使用されるサプレックスナイロンを表地に使用したNeoShell を採用。アブレーションエリアの耐久性を飛躍的に向上させました。フードの形状、調節機能に大幅な改良を加え、今までと同じアクションでより正確で密閉度の高い調節が可能となりました。常に進化を続けているTB JACKET はフィールドでの活動において最適な環境と稼働域を提供します。
¥59,400(税込)30%OFF➡¥41,580(税込)Sサイズのみ
&TBパンツ
      
基本素材はジャケットと同様です。立体的なカッティングが可能にした、極限まで無駄な部分を削ぎ落とす作業を突き詰めました。” 機能美” と呼ぶにふさわしい美しいシルエットが動きやすさを象徴しています。ケプロテックのガード部分は脚部の動作の軌跡を考慮してミニマルなマッピングで最大限のプロテクションを実現しています。裾幅は広めなので、ボードブーツ、スキーツアーブーツに適応です。
¥55,080(税込)30%OFF➡¥38,550(税込)S/Mサイズのみ

スキン(シール)
ブラックダイアモンド社
アセンション ナイロンSTS
125mm=\21,060
(税込)
140mm=\21,600
(税込)
       
トップ側をアジャスタブルティップループで、テール側を柔軟なエラストマー製STSテールストラップで装着する、オールラウンドモデル。テール側がビキニカットになりグライド時の抵抗が低減されました。耐久性の高い残雪期にはおすすめのスキンです。
ブラックダイアモンド社
ウルトラライト モヘアミックスSTS
125mm=\23,760(税込)
140mm=\24,840(税込)
        
定番だったモヘアミックスが、モデルチェンジです。トップ側を新開発のウルトラライトティップループ、テール側をSTSテールストラップで装着する幅125mmのオールラウンドモデル。モヘア65%/ナイロン35%の混合率で滑走性とトラクション性、そして耐久性を併せ持っています。
G3社
アルピニスト ハイトラクション スキン
130mm=\24,300
(税込)
        
急斜面の登高、トリッキーなハードバッグな雪面の登高には最適な最強の高グリップ性能が持ち味のスキンです。急斜面でのグリップ力は最高ですので直登好きなスキーヤー、またはスキンの扱いに慣れていない方におすすめです。
G3社
アルピニスト スキン
130mm=\21,600
(税込)
        
軽量でコンパクトのアルピニストスキンは世界中のバックカントリースキーヤーから好評を得ています。他に比類のない最高のグライドは足運びがスムーズです。完璧な角度の植毛は強いグリップ力を発揮します。
G3社
スカラ スキン
130mm=\25,920
(税込)
        
ハイブリッド新スキンのスカラはトイムツールでもカットできるPUチップコネクターを長くすることにより、無駄な抵抗を極力減らし、今までにないラッセル時の走破性を実現。PUチップコネクター部分にスキンを巻き付ける形で収納ができ、従来のスキンセイバー等は必要なくなりました。収納時は板状になりザックの隙間に入れることが容易にできます。

バックカントリー向きヘルメット
ジロー社
モンテーン

        
超軽量デザイン、そしてトリップクリップとカラビナがヘルメットをバックパックへ簡単装着。MONTANEはバックカントリーアドベンチャー、カントリーライドのためにデザインされました。進化したスタックベントが猛吹雪の雪山から晴れたゲレンデでの 1日、様々な日でゴーグルの曇りを防止します。
¥21,600(税込)30%OFF¥15,120(税込)

バックカントリー向きグローブ
ヘストラ社
ヘリ・スキー

        
定番となりました。抜群の保温性。耐久性に非常に優れたARMY LEATHERを採用。長めのカフで雪の侵入を防ぎます。
¥17,280(税込)30%OFF¥12,100(税込)
ヘストラ社
ブリザード

        
耐久性に優れたGoat Armyleatherとストレッチ性に優れたソフトシェル素材を使用したグローブ。取外し可能なウールの中綿を使用しているため中綿のみの洗濯が可能です。このグローブで冷たくなるような環境は行動日ではないですね。最高です!
¥22,000(税込)完売となりました
ロイシュ社
ロブスター

               
3フィンガーのとっても柔らかなグローブです。指がリラックスすることで保温性に還元されますね。
¥17,280(税込)30%OFF¥12,100(税込)
レベル社
ヘリ・ゴアテックス

           
こちらもヘストラ社のブリザードと同様、取外し可能なウールの中綿を使用して抜群の保温力をもって、指の動きも柔らかです。
¥24,700(税込)30%OFF¥17,290(税込)