インソールについて

穂高ではシダス・コンフォーマブルのインソールを中心に製作をしています。インソールの働きは
1.足とシューズのフィット性を高めることにより、体の動きを良くし、力の伝達(足と靴、靴と地面)を向上させます。
2.土踏まずの筋肉を支えることにより、疲れ・衝撃軽減します。
3.このことから怪我の予防につながります。
足裏にぴったり合った、高機能な成型インソール「コンフォマーブル」は、足裏とシューズにすき間をつくらず、足をしっかり支えます。
とはいうものの!
形どったもとがズレてると、ズレたままのインソールが出来上がり、せっかくのオーダー製でも結果が伴わないってこともあります。足裏の面圧が平均的適性バランスなら間違いなく効果的なのですが・・・。製作インソールの働きはバランス修正も意図のひとつです。というよりこちらの目的の方が先に解決しなきゃいけないことかもしれません。ただ、残念なことに僕達にはズレが生じているのか、そのズレがどんれくらいのものか診断できる能力がありません。ただ、言えることは、最も長い生活時間が身体のバランスを作り上げることは事実ですから、日常生活を大事にしましょう。ということで、ここでも靴のことを、サイズ・バランス(幅・ボリューム等)のマッチした靴を履く習慣を!来店の皆さんの中にも特に若い人が、歩くたびに踵が「スポスポ」と持ち上がってくるような靴をはいている人が目立ちます。見直してほしいですね。

「コンフォマーブル」と標準インソールとの違い
1.アーチの話
*歩くなどの運動機能は土踏まずのアーチが担っています。
私たちの足裏(土踏まず部分)には、ご覧のように外側の縦アーチ、内側の縦アーチ、横アーチと3つのアーチがあります。このアーチには、非常に大切な3つの役割、機能があります。
第一の機能は、立った状態で姿勢をしっかり保持するための安定性です。
第二に、歩行の際に、動く力を地面に確実に伝える機能です。
第三は、クッションのように働くことで体重や過度の力を緩和し、衝撃を吸収する機能です。
私たち人類が、ニ足歩行できるようになったのは、足裏にこのアーチが形成され、発達・完成されたことによるものです。事実、猿の足裏にはアーチはありません。
アーチは非常に柔軟性に富んだもので、動きによる足の複雑な変化に対応できるフレキシブルな機能を持ち、バネ効果で衝撃を吸収すると同時に反発弾力性も併せ持つ、まるで最先端素材のような優れた性質を有しています。このアーチが正しく機能することで、私たちは長時間立ったり歩いたり、運動したりできるのです。
*様々な足のトラブルは、アーチ(土踏まず)の低下が原因。
ところが現代人の多くは、運動不足や加齢、そしてアスファルトの上で靴を履いて生活する環境などの様々な要因によってアーチが崩れてしまい、正しく機能していない状態にあります。1999年の東京厚生年金病院の調べでは、正常足はたったの16%、実に84%の人のアーチが崩れた状態にありました。中でも74%の人が、アーチが過度に内側に倒れ低下した「外反足」という状態でした。この比率は、現在ではもっと増加している可能性が大いにあります。このアーチの崩れによる機能低下が、足の疲れやむくみなどの様々な足のトラブル、ヒザの痛みなどの障害を引き起こし、ひいては身体全体に悪影響を与える原因の一つとされています。
2.効果
*様々な足のトラブル、解決策はアーチをサポートすること。
崩れたアーチを元の正常な状態へと改善してゆくことが、足のトラブル解決への近道と言えます。そこで今、最も手軽な解決策として注目されているのが、独自の3D(立体)形状でカカトを安定させ、アーチをしっかりサポートする機能を備えたコンフォマーブル・インソール(靴の中敷)の装着です。
*アーチサポートのポイントは適度な硬さとしなやかさ。
アーチをサポートする上で重要なポイントは、アーチの持つクッション機能を妨げないということ。つまり、適度な硬さでしっかりサポートしながらも、違和感なく、しなやかにアーチの動きに連動することが大切です。
*こんなインソールでは、足は正しく機能しません。
硬すぎるインソールの場合、アーチのしなりが奪われ、ショック吸収や運動機能を低下させてしまいます。
また、衝撃吸収インソールなども、衝撃を吸収する一方で、素材が柔らかいため足元がグラついて不安定になり、転んだり、足をくじいたりする原因となってしまいます。
*コンフォマーブル・インソールで身体のバランスもアップ!
足裏のアーチは身体全体にも連動しています。アーチの機能低下がもたらす身体のアンバランスが、身体のいろいろな所にストレスを集中させてしまい、足に限らず腰痛や肩こりなど様々なトラブルや障害を引き起こす結果となります。アーチサポート機能を備えたコンフォマーブル・インソールは、アーチを正しく機能させて骨格を整え、身体のアンバランスを改善し、トラブルを解決してゆきます。その効果は見た目にも表れ、コンフォマーブル装着後は背筋が伸び、正しい姿勢がとりやすくなります。その結果、ヒザや腰、肩にかかる負担が軽減され、身体の調子はもちろん、様々なスポーツにもいい影響を与えます。
3.優位性
*一般的なインソールにはない、優れた効果を発揮します。
足裏にぴったりフィットし、しかも独自のアーチフレックスシステムにより、足の動きに合わせてアーチをしなやかにサポートする高機能なインソール、コンフォマーブル。その実力は、一般的なインソールに比べ、様々なメリットがあります。
*体の動きがよくなる
足裏にぴったりフィットするため、足の接触面積が増え、脳に伝わる情報量が増大。足裏感覚が鋭くなり、路面・雪面の状況が素早く、正確に分かります。
*疲れを軽減
疲れてくると土踏まずは下がってきます。コンフォマーブルは、アーチフレックスシステムで土踏まずをしっかりサポート。ふくらはぎやヒザにかかる負担を減らし、脚や腰、さらに身体の疲れを軽減します。

*パワーをダイレクトに伝達
適度な硬さを備えたコンフォマーブルは、足裏と靴のすき間を埋め、しっかりと足を支えるため、パワーを逃がしません。
*足への衝撃を軽減
衝撃に対し、他のインソールは足裏の一部(点圧)でとらえますが、コンフォマーブルは足裏全体(面圧)でとらえるため、足への衝撃を軽減することができます。
*ケガを予防
シューズの中で足が安定するため、疲れてグラグラ崩れようとする足をしっかりサポート。足首やヒザに対する負担を和らげ、ケガを予防します。
4.成型方法
足裏のフィッティングにこだわる穂高では、「HDバキューム」を使って足裏を忠実に再現する方法をとっています。さらに最新成型方法モジューロ・コンセプトも採用しています。
モジューロ・コンセプトの特徴
1.個人個人全く異なる足の大きさやパワー伝達力などに合わせて最適なオリジナル・インソールを作成する、100%カスタムメイドのシステムです。
2.スポーツから一般タウンユース、そしてメディカルまであらゆる使用用途・目的に応じて、幅広く対応します。
3.接着剤を使わずに完全熱圧着成型素材を使用することにより、パーツ同士の結合力が高く違和感のないフィット感を実現しています。
4.あらかじめ用意されたパーツを組み合わせることで、作成時間を大幅に短縮しながらも非常に高い効果が得られます。
5.100%カスタムメイド・インソールとしては、従来にない低コストを実現しました。
登山の業界は、CW-Xなど筋肉サポートタイツの使用によって、「膝の痛みを軽減」といった宣伝アピールがされています。それとは裏腹に最も足と地面に近い部分のサポートインソールの普及はいまひとつです。サポートタイツはそれとして、インソールにも目を向けてみてください。
ウォーキングシューズ向き:¥8000(税込)
軽登山靴向き:¥8500〜¥10000(税込)
登山靴向き: ¥10000〜¥13000(税込)
実際に作ってみます。
今回は、ジョキングシューズ用にインソールを作るので、ベースになるインソールもジョキング用です。
ヒール・アーチ部分はサポートをしっかりするため、オレンジ色のサポートシートをアーチからヒール部分に貼り付けます。本来はジョキングシューズの場合、これほどしっかりしたサポートパーツじゃなくても十分でしょうが、僕のトレーニングコースが、トレラン環境なのでしっかりサポートしてみました。
コンフォーマブル社のバキュームパットを使って足裏の面圧分布を型取りします。
この機械の中身は、細かい砂です。柔らかい状態の砂の上に足を乗せて、圧(力)がかかっている部分はひずみ、凹凸ができるわけです。そして、砂の凹凸部分の空気を抜きます。
エアーが抜けて、固まった足裏面圧分布です。ふわふわの砂の状態から石膏で固まったような状態です。
ベースのインソールに補強パーツを付けたオリジナルインソールに、熱を加えて柔らかく成型します。この過程でも張り合わせた補強パーツが剥離したり、変形しないようにバキュームでエアーを抜いた状態で過熱しています。
熱整形によって柔らかくなったインソールを、型取ったバキュームパットの上にバランスよくセットし、その上に再び乗ります。
乗ったまま数分後に、熱整形によって柔らかくなったインソールに型取られた足裏面圧が写されます。
整形されたインソールをシューズに合わせてカットして出来上がりです。基本形のインソールに対して、凹凸がしっかり作られたのがわかると思います。現物を見て手にとっていただくと、もっとはっきりと違いがわかります。
左が整形インソール、右はシューズに入っている中敷
シューズに入っている中敷は入れずに、出来上がったインソールをシューズに入れて最終仕上がりです。履き心地を試しながら、気になるところがあれば、さらに細かく調整をしていきます。
こちらは、僕のトレーニングシューズ用に作って紹介しましたが、本職はスキーブーツ、登山靴用の製作です。スキー用はブーツがハードなので最も固い素材を使い、登山靴用は、先端部だけ柔らかいものを使います。インソールとして、登山靴は、長時間行動が強要される靴なので入れると効果的だと思います。
登山靴におすすめのコストパフォーマンスの高い成型インソール
     
今フォーマブルの登山靴向けは¥10,000からですが、日本製スキーブーツメーカーのレグザム社から発売されている成型インソールは、インソール価格も¥8,400(税込)と成型インソール価格としてはリーズナブルです。手前は成型する前の平面インソールで、奥が足裏成型をして立体的に出来上がったインソールです。
このインソール、スキーブーツを支えるだけあって、足裏フィット感がとてもいい素材が使われています。インソールそのものの厚みもないので、出来上がったインソールを入れても、圧迫感もなくフィッティング効果が上がります。
穂高では、インソールを購入いただいたお客さんには成型加工代金は頂いていませんので、この価格で成型インソールが出来上がります。
インソールの製作にあたっては、基本的に履かれている靴が必要です。実際に製作される場合はインソールを入れられる靴をお持ちください。また、当店ではスポーツシューズのインソールを中心に製作していますので、それ以外のシューズにご希望のお客さんは事前に確認をお願いいたします。