2017年編

2018年1月12日(金)
天気予報
   
火曜日は、暴風雪予報でした。実際は降ってはいるものの、時々雲に切れ間も見えたり・・。
悪いのを覚悟して、条件がよければ、それはそれでよし!ですね。予報のときは空いてていいですね。おっ、これスキー場にしてみれば風評被害?
2018年1月4日(木)
静かな朝
   
二日遅れの「おせち」でした。日本料理「いいつか」さん製。旨め〜!
2018年1月4日(木)
明けましておめでとうございます。
年末年始をスキー場で過ごし始めて、39年が過ぎました。この間、宿はずっと長野県大町市のヤナバビレッジにある「ラウム」というロッジ(山荘)です。年末までの山の合宿を終え、たくさんの山の仲間(先輩や後輩)がここに集まっていたのが、昨今は、四日市の登山専門店「シャモニ」の浜ちゃん夫婦と僕の3人だけの大人(ジジ・ババ?)の貸し切り年末年始です。めずらしく桜井、うちのお客さんのKさん、Y君が加わり、ちょっと賑やかな大晦日になりました。「ラウム」の主、扇田さんは「年末年始は他のお客さんをとらない」と言ってこれもまた39年継続されています。
   
これ表面は野菜で覆われていますが、中はブリです。信州の新春はブリの文化ですね。
    

桜井が地元、蓬莱泉の「空」を持ってきてくれました。やっぱり「旨い!」ね。
食べ物は、手作りが全てですね。美味しかった!