登山靴無料点検
山行中の靴の破損は後を絶ちませんね。飛躍しすぎかもしれませんが遭難事故の要因のひとつかもしれません。作り手・売り手にも全く責任がないわけではありませんが、購入して5年間程過ぎている靴は点検にお持ちください。
お客さん: 「山に行ってたら急に靴のソールが剥がれちゃって・・・」。
僕達: 「急に剥がれることはないと思いますよ。行く前から兆候は出てたんじゃないですかねえ?」
お客さん: 「そんなことない、ちゃんと見ていったから・・・」。
だとすると、「ちゃんと」の判断材料が専門家とは異なっているのでしょうね。そこで、顧客のみなさんは、以前からよく靴の点検依頼にお持ちいただいているのですが、一般にも点検サービスをしようと思いました。みなさん、山行前に遠慮なく点検にお持ち下さい。
P.S.お店の人間だからといって、使える登山靴をダメと、無理やり新しい靴を押付けることはしませんので、ご安心を!僕達も登山者ですから。でも、「もう寿命なので買い換えてください」は真摯に受け止めてくださいね。

登山靴の靴底(ソール)剥がれに注意
『接着剤、ゴム等の合成材料で貼り付けられた靴底が材料劣化で登山中に突然剥がれることが多く発生しています。靴底を捻る、曲げる、甲革と底との中間(ミッドソール)のゴムの部分を爪等で押した場合、ひび割れ、破片が剥がれ落ちる場合は、即刻、張り替えが必要ですが、その症状が確認できなくても経年劣化が進んだものは、登山中に剥離する危険が有ります。剥離は、特にクッション性を高めるためにポリウレタンを使用した製品に頻繁に発生する模様で、水分による経年劣化が原因で、靴底の寿命は4?5年との事です』
と書かれたこのポスター、現在でも注意事項として貼られている登山店を始め、山岳関係施設も多いでしょう。
ソールの剥離
ソールの剥離が生じるお客さんの靴のほとんどが手入れがされていないことがわかってきました。手入れとは、特別なことをしなきゃいけないわけじゃなく、とにかく付着している「泥・土」をたわしでゴシゴシきれいに水洗い!です。洗濯後は日当干しでOK!剥離は加水分解によって起きるといわれていますが、そればかりではなく、土や泥が長いこと付着したままになっていることで、そこに含まれてる雑菌たちが徐々に接着剤やウレタンを蝕んだことによるものです。徐々にという期間がおおよそ5年くらいということでしょうね。
データー処理してると、年間に50日以上登山してる登山者にはほとんど剥離は起きていません。おそらく、剥離になる前にソールの磨耗で張り替えてるのでしょう。また、頻繁に使ってることで、付着した泥や土に含まれてる雑菌たちも、振り落とされてるのかもしれません。水洗いという手入れをすることで、雑菌は流せますし、靴の異変にも気がつき、登山に行く前に何らかの手を打てると思います。
登山靴のソール剥がれの例
こちらは、マインドル社の軽登山靴。ソールの磨耗は少ないのにアッパーに圧着している中間層部分から剥離。1年に数日しか使わない方たちの購入5〜7年後に見られる典型です。 こちらは、ガルモント社の一世風靡した縫いの軽登山靴。これは中間部からソールだけが剥離。靴の土台の強度に対してソールゴム質が硬すぎるんでしょうか?ザンバラン社のフジヤマとともによくある例です。
張替えるまでに使い過ぎの例
             
つま先のビブラム(ゴム底)が減り過ぎて土台の部分まで摩り減っています。これだと岩場などで、岩に足をかけてグリップしたつもりでもフリクション(摩擦)が効かないため、スリップしてしまいます。非常に危険な状態です。ここまでに至る前に交換に出しましょう。

登山靴ソール張替えたのに・・・・
最近は、どこの登山靴メーカーもおおよそのアイテムは「ソール張替え可」と表示されています。うちでも、その表示に従って、「張替え可」のアイテムは張替えを受けています。ところが、軽登山靴系靴は、張替え後、張り替え以前に使えていたより短い期間で、ソールの剥離が生じる確率が高いこともわかってきました。これは、軽登山靴が名称のごとく、ソール土台が登山靴ほど強固な土台ではないため、皆さんの体重・荷物・歩かれてる凹凸の登山道、すべての環境・行為によって、土台が捩れたり・反ったり変形してしまった上に、フラットな新しいソールを張りつけた微妙なズレから生じてくるのでしょう。メーカーも変形している土台までは直すことができませんからね。そこで、その旨をみなさんにお話をしているのですが、その場ではご理解いただいても、ソールの剥離が生じるとやはり・・・・。そこで、みなさんが数年履かれ、ソールの剥離や崩壊が出てしまった軽登山靴は、なるべく「張替え」は考えず、新しい靴の購入を考えた方がいいように思います。土台がしっかりとした丈夫な登山靴はそれに至りません。
丈夫な登山靴
お客さんが、ソールが減ったことで、リソールに持ってみえた、マインドル社のスーパークラック、10年以上?前に買っていただいたものです。「靴底剥離?」、「靴底の寿命は4?5年」なんてくそくらえ!どこにもそんな兆候さえ見られません。価格は高いかもしれませんが、やっぱり「丈夫!」ですね。
約一月、ソールのリペアーが出来上がってきました。登山靴としてよみがえりましたね。

ソールの張替えについて
 張替えに出して平均的には3週間かかります。余裕をもって出してくださいね。
* 費用は平均的に¥12000〜¥15000(税込)です。

 お店・修理ところから、みなさんにお願いごと 
ソールの張替えに出される時は、靴の汚れ(特に靴底の土など)は洗ってお持ち下さいね。
ソール張替え取り扱いメーカー