穂高
mountain ski back country
Back Country
通信販売法 お問い合わせ
穂高愛知県刈谷市桜町1-13 TEL/FAX:0566-23-8611 E-mail:info@hodaka-ski-mountain.co.jp
Copyright(C)2003 HODAKA All right reserved.
バックカントリー
みなさん昨シーズンのバックカントリーライフはいかがでしたか?1月、2月は豪雪でたくさんのパウダーを満喫できたのでは?ところが4月は異常なくらいの南からの暖かい空気がや雨で、残雪期のフィールドは縦溝だらけ!でしたね。
今シーズンも昨年に引き続き、バックカントリー向けのスキー形状は、ロッカーというスキーのトップ部分がショベル状になりました。その結果、スキーのトップやセンターの幅がそれほど太くなくても、十分にパウダーの中でも浮力が上がり、操作性も向上しました。店頭の採用アイテムはスタッフで実際にフィールドで使ってみてとても使いやすかったものをみなさんに紹介しています。是非、店頭で手にとってご覧ください。


         バックカントリー2016/17ニューモデルの紹介はこちらから

※ 通信販売のご注文はFAX(0566-21-6361)、もしくはメールにて承ります。

ロッカーというスキーの形状
      
パウダー通のみなさんには、もう通常の形状のスキーですが、まだ使われたことのないスキーヤー、ご存知ないスキーヤーのみなさんも多いことだと思います。どういうスキーかといいますと、単純にチップ(トップ)部分が図のように逆反り常態になっている形状のスキーです。図では、チップの15mmの反りが、チップのトップから20cmのところから始まっているということです。このようなスキーを立てて滑走面同士を縦に合わせると、チップに向かってかなり逆反りに曲がっていることがわかります。一部の激パウダー用のファット(幅の太い)スキーにはこのような形状のスキーが見られましたが、今季の穂高で採用しているバックカントリーモデルは全アイテムロッカーです。一般モデルのスキーにもこのようなロッカー形状のアイテムがたくさん登場しています。ただ、反り具合、反りの位置など、その形状もさまざまなので、スキーライフに合わせて選択していくことですね。ということで、ソムリエとしての仕事がまた複雑になります。スキー人口が増えない中、作り手は、一人のスキーヤーにさまざまな環境にマッチしたスキーを何本も持って、使い分けたライフをしてほしい!という意味の発信かもしれませんね。

バックカントリースキー・ブーツ、グッズの販売フロアーが2Fから1Fに移動になりました。みなさん、1Fの登山フロアーにお越しください。
       
バックカントリー向き 店頭アイテム
K2
サイドスタッシュ
¥94500(税込)50%OFF→¥48480(税込)
 
All-Terrain Rockerは、広くなったウエスト部分が機敏さと寛容さを備え、嵐の後の荒れた狭い場所でも容易な滑降が可能。一方、メタルラミネートサイドウェール構造が、古い踏まれたランアウトでもリフトに戻る圧接された面でも安定さを提供します。
174cmのみ  139-108-127mm(共通) R25m
’10MODEL ヘッド
JOE 105 (バイディングフリー)
¥98000(税込)→¥16200(税込) 171cmのみ
 
ヘビーデューティ・ツインチップ構造、カーボンジャケット採用のナチュラルリップに、センター105mmのファットボディのオフピステ専用モデル。ハードなライディングでも信頼できる一台です。
(左右異デザイン)
モーメント社
タホ
    
96mmのセンター幅です。中部エリアでのバックカントリー、山岳スキーには最適な幅だと思います。新しいロッカー形状によりタホはどんなシチュエーションでも快適なスキーが可能です。
¥96120(税込)30%OFF→¥67280(税込)170cmのみ
モーメント社
ベラフォンテ
    
106mmのセンター幅です。新しいロッカーを採用しよりターンがイージーになりました。さらに今まで以上に、パウダーや悪雪でも力強い滑りがより可能になりました。
¥102600(税込)30%OFF→¥71820(税込)168cmのみ
アルマダ社
KUFO
    
トップは ALL MOUNTAIN ROCKERを採用し、テールはラウンドせずにストレートカット形状。ウエスト101〜103mmとシェイプは太すぎず、新たに開発された軽量コアが長時間のバックカントリーを支えます。山での使い勝手の良さに、アルマダの滑走性能の良さをもったおすすめのスキーです。
¥97200(税込)30%OFF→¥68040(税込)177cmのみ
K2社
ANNEX・108
   
バックカントリースキーの先駆者的メーカーのK2社のオールマウンテンモデル、ANNEXが新発売になりました。こちらはパウダーシュチュエーション向きの108(センター幅)です。パウダーの中でのターンコントロールに優れたモデルです。
アネックス108:¥97200(税込)50%OFF→¥48600(税込)170cmのみ

TLT
ラディカルST
¥60480(税込)
30%OFF→¥42330(税込)
      
クライミングサポートが進化し、登高アシストがよりよくなりました。軽量が魅力と言えば魅力ですね。トゥピースには滑走転倒時にセフティ解放機能が無いことを十分理解したうえで選択してくださいね。

ツアーブーツ
スコット
ラディウム
¥79800(税込)50%OFF→¥39900(税込) 
26.0〜26.5(共通サイズ)のみ
               
ガルモント社の名称がスコット社に変更になっただけで、昨年のモデルと大きな違いはありません。歩行モードの可動域も広く、柔らかく、狭いテント内での脱着もそれなりにこなせる山スキーの定番ブーツです。

スコット
アサイラムTN
¥90300(税込) 
50%OFF→¥45150(税込) 24.0/24.5サイズのみ
                
フレックス、剛性がしっかりしていて、ラディウムより、滑走性を重視したモデルです。ゲレンデ、バックカントリーを兼用するみなさんにおすすめです。ソールはアルペンソールで出荷されますが、ツアーソールが付属品として標準装備さてれいます。

アトミック

Tour100W ¥79920(本体価格)50%OFF→¥39960(税込) 22.0〜 24.0/24.5サイズのみ
                

入荷してきました。レディースの22.5cmも入荷してきました。アトミック初のテックバインディング対応のツアー用ブーツ。高低差や移動距離の長いツアーリングにとって、必須条件ともいえる軽量化を実現。背面はカーボンスパインを採用し滑走性も重視。さらに足が痛くなりにくい構造で定評のあるライブフィットゾーンを導入し快適性も優れている。歩行ポジションへと簡単に切り替えられるフリーロックシステムを搭載で、バックカントリーでの機能性を追求したブーツが完成しました。
22.0〜22.5(共通)も1足です。このサイズの女性バックカントラーのみなさん、お早めに!
ダイナフィット 
ZーZERO4U−MFレディー
¥75810(税込)50%OFF→¥38890(税込)
23.0〜23.5(共通サイズ)のみ